フィルム『思秋期』タオル品評:いたいたしい現実の中に残る救い

これは、いたいたしい全容を、それからまぶたを背けたりごまかしたりすることなしにありのまま描いた品物です。そのような画像というと、去年拝見したナタリー・ポートマン主演「水曜日のエミリア」を思い出す。そちらはなんだか救いがないまま終わってしまい、拝見によって苦労が奪われたようでドッと疲れ、「あぁ今後は純粋に面白味として遊べる品物しか見るまい」と思わせられた。

しかし一方テキスト作品では、キャラクターの生傷の痛々しさをにらめっこしながらも、そのようなキズを有する輩同士のスキンシップによって自然とお互いのキズが癒されて行くのだと捉えさせられ、一筋の光を見、救われた想いになった。

ジョセフの親友の赤ん坊の「父さんの暮らしだから仕方ないわ。誰にも助けられないの。」というせりふ、我家に逃げてきたハンナにジョセフがいう「自分も自分のため精一杯です。他人とは暮らせない。あんたを助けられない」という(ような)せりふ。身にはこういう二つが連絡して何故か景色に在る。しかし、ただ突き放すだけでなく、「その人の暮らしのお話は究極にはその人しか勝利できない。それはその通り。それでも、もらえる部分では支えあって行こうよ。」という伝言をこういう品物から得た気がする。ベジママが楽天やamazonよりもお得!【最安値販売店】